睡眠時無呼吸症候群(SAS)のお客様の枕

昨日は、4組5名様のオーダーメイド枕を作らせていただきました。

カウンセリングの際に色々質問させていただくのですが、5名様のうち、3名様が「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」との診断をされた方でした。

 

診断書をわざわざ持参くださる方、CPAPを装着し始めて1週間の方、すぐに治療までは必要ないが経過観察の必要な方、等など。

 

今までも、「睡眠時無呼吸症候群」の方は時々お見えでしたが、、、

 

なんで?

 

ってお客様に逆に問い合わせると、ちょっと前に「睡眠時無呼吸症候群と枕の高さ」についてテレビでやってた・・・という訳でした。

 

CPAP装着していない方は、基本的に気道確保のため、横向き寝を推奨しています。

 

が、寝ている際に無意識に仰向けになることもあるでしょうし、横向きばかりで寝ていると肩が痛くなったりという弊害もあります。

 

気道確保のため、仰向き寝の際の後頭部をジャストな高さより、例えば5mmだけ低くしたりして微調整させていただけるのは「オーダーメイド枕」ならではです。

 

枕を変えることで、根本的な治療が出来る訳ではありませんが、少しでも、ゆっくり眠っていただけるような工夫は、当店にも可能です。