某メルマガより。

お酒は就寝2時間前までが鉄則!

仕事柄、情報を得るためにとってる何通かの「メルマガ」。

 

その中から、

アルコールとの付き合い方

「お酒は就寝2時間前までが鉄則!」

 

楽しいお酒は就寝2時間前までが鉄則です。

アルコールは深い睡眠を妨げる原因になりうるからです。

 

アルコールの利尿作用でトイレが近くなり

夜中に目が覚めてしまうことで、睡眠の質がぐっと下がります。

 

毎朝のだるさから解放されるためにも、

寝る前の1本、1杯と永遠に決別しましょう!

 

というもの。

 

「!」ビックリマーク付きの強い口調で言われても・・・

 

このテーマの自己採点は、「0点」です。

そんなことはわかってるけど、止められません!

アルコールの利尿作用のことも知っています。

だから、利尿作用で失われる水分を補給するためにさらに「水」を補給はしています。

確かに、週に2~3回は朝方に目が覚めてトイレに行きます。

でも、その後すぐにまたわずかな睡眠時間ではあるものの、確保はできています。

「寝る前の1本、1杯と永遠に決別」なんて、出来るはずありません!!!

 

 

 

 

入浴方法

お風呂は38~40℃の「ゆるめ」がカギ!

 

お風呂に入ることは「からだと心の緊張を解く」という

良い睡眠をとる上で大切な意味があります。

 

首もとを温めたり、全身をリラックスさせることで、大きな睡眠効果が得られます。

 

熱いお湯だと、身体が緊張状態のままリラックスできませんので、

38~40℃のお湯でゆっくり入浴しましょう。

 

 

 

まず、「ゆるめ」は「ぬるめ」のタイプミスでしょうか?

意味は十分伝わりますが。

この部分の自己採点は「60点」でしょうか。

我が家は4人家族で♂は僕ただひとり。

とくに娘たちの入浴時間はむちゃくちゃ長くって

なかなか自分の好きな時間に風呂に入ることも出来ません。

熱いお湯は嫌いですし、シャワーだけで済ますということもありません。

が、「ゆったり入浴」というほど時間をかけることもありません。

 

 

夜はスマホを手放しましょう

 

スマホ、テレビ、パソコンも就寝1時間前からは電源OFFに。

 

電子機器の光と情報や内容は、脳を覚醒させてしまいます。

 

一晩、スマホを見ない日を作ってみてください。

自分にこんなに眠る力があったのかと驚かれるはずです。

 

 

このテーマの自己採点も「0点」ですね。

風呂上り、ビールを飲みながら、「テレビ」を観ながら、「パソコン」を触ってることが多いです。

で、いざ布団に潜り込んでからは、スマホを触っています。

依存性というほどではないと思いますが、寝る瞬間まで、また、朝起きた瞬間からスマホチェックしますね。

各SNSもありますが、お客様との問い合わせやご予約、やりとりも気になるところです。

時間に余裕ができれば、スマホも圏外、テレビも新聞も無いようなところで、ボーッと2~3日だけで良いので過ごしてみたいですね。

 

 

 

こうしたら良い!とか、こういうことをしたらダメ!とか。

わかってても出来ないのが現実なのでしょうか。

 

 

 

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加