骨盤のゆがみ

骨盤の前傾による反り腰

当店では、身体のラインを測定させていただき、また、寝た際の身体の圧がどの部分に強く掛かってるのか。というチェックも出来ます。

 

 

一例ですが、上の画像のような方は「腰」部分に大きな隙間があり、「お尻」に強く身体の圧(赤い部分)が掛かってるのがわかります。

 

このような方は、

仰向けに寝ると腰が痛かったり。

仰向けで寝るときに膝を立てる癖があったり。

壁に背中をつけて立つと、腰に握りこぶしが入るくらいの隙間があったり。

お尻だけがポコッと突き出ていたり。

 

FIT LABO の「6体型理論」で分類すると「ヒップタイプ」や「Wライン」に属するんでしょうか。

 

当店でも、このような体型の方は「仰向け」で寝れずに「横向き」でしか寝れない方であったり。

「腰痛」という悩みを抱えておられたり。

ひどい「肩コリ」や「首コリ」に悩まされてるあたであったり。

 

 

「持って生まれた体型」であることもあるのですが、「骨盤のゆがみ」が原因となってる場合もあるようです。

ということは、その「歪み」を矯正できたら、体のバランスも良くなり、「腰の隙間」が少なくなって「仰向き」で寝れるようになり、「質の良い睡眠」を得ることが出来るようになるかもしれません。

 

僕自身もちょっと長い距離を走ったりすると、「ひざ」が痛くなったりします。

でも、痛みが出るのは「ひざ」であっても、その原因を作ってるのは「骨盤」なんです。

いろいろ個人差はあるのでしょうけど、「ひざ」が痛くなってもコールドスプレーなどでケアしても効果があるません。

そういう時は必ず「お尻~腰」の筋肉がパンパンに張ってるんです。

何もしなかったら「痛み」は無いのですが、指でギューッと押せば、飛び上がるほど痛いんです。

お尻・腰の筋肉の緊張が、下半身の筋肉を引っ張り、蝶番であり可動域の大きな「ひざ」に痛みを発生させる。。。という感じなのです。

 

最近はご無沙汰ですが、よく走ってた頃は、腰周辺・骨盤周辺のストレッチもやってました。

 

YouTube・Google検索で「骨盤ストレッチ」を探せば山のように動画が出てきます。

 

どの動画を見ても「家で簡単にできる」ものであったり「たったの5分で」というかんじであったり。

 

習慣的に続けるのが一番良いんでしょうけど、簡単な事ほど「継続」するのは難しいですね。

 

 

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加