左右差

寒さに備えましょう

ここ数日、大阪でも随分涼しくなりました。

油断してると「寒っ」ってなることも。

さすがに暖房を着けるのも、まだ、どうかと思いますし。。。

つい1週間前は半袖で問題なかったのに、1枚余分に何か着なければいけないくらいに。

 

 

40才代女性K様。

以前から「ロ〇テー」さんの「オーダー枕」をお使いでしたが、「最近高さが合わなくなってきた」という感覚をもたれ、当店にご来店いただきました。

 

仕事柄、姿勢には普段から気を付けられるせいか、体幹もしっかりされてました。

が、慢性的な「肩こり」「腰痛」にお悩みでもありました。

体のラインを測定し、診断し、それに応じた高さの枕を作らせていただき「試し寝」をしていただくのですが、その際にM様はとても敏感な感覚をお持ちのようで、「この部分がちょっとだけ低い気がする」と。その部分を少し下げると、今度は「別の部分が高く感じる」と。

いずれもたった5mm単位のことなのですが、「呼吸が楽」であったり、「首のつっかえた感じ」を訴えられます。

 

 

 

当店の「オーダー枕」は画像のように6つのブロックに分かれています。

そのブロックごとに高さを変えることができます。

基本的には5mm単位で高さを作っていくのですが、もっと細かく2.5mm単位で高さを作ることも当然できます。

 

M様は特に横向きの姿勢の時、右を下にした時、左を下にした時とで、「肩」のずらし方が違う方でした。立った姿勢の時に左右の肩の高さが違う方がこういうことによくなるようです。

基本的には、左右対称が良いのです。同じ方向を下に横向きでばかり寝ている方にもこういうことがよくあります。そうすると、その同じ方向にばかり体がどんどん歪んでいき、骨盤や肩甲骨の歪みにもつながりかねません。

 

足を組むのも組みやすいほうがありますよね。

でも、同じ方ばかり組まずに反対側も組みましょう。

本当は、足を組まないのが一番良いんですけどね。

ちょっと意識すれば、ましになると思います。

そう、、、意識できる時であれば、意識を変えることができます。

 

でも、「寝ている時」って無意識なのです。

寝入るまでの時間は意識が働きますが、寝てしまうとそんなものはありません。

人って「楽な方」「気持ち良い方」へ自然と向いて行ってしまいます。

 

M様のように、左右差のある方には、あえて枕の高さは左右差をつけずに作らせていただくこともありますが、あえて今回のM様には、左右で高さを微妙に変えて作らせていただきました。

 

慣れてくれば、その高さを元に戻すこともできますし、左右均等に作ったものを、左右で違う高さに替えることもできます。

当店への距離感も大切な要素ですし、仕事、体幹などを考え、そのお客様としっかり話をさせていただき決めさせていただいております。

 

 

 

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

クービック予約システムから予約する

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加