寮のベッドマットレスが硬すぎて・・・

硬すぎるベッドマットレス

石川県より、今年の4月より単身で大阪の某調理系専門学校に入られ寮生活をされてる10才代女性K様。

 

その寮の備え付けのベッドが硬すぎて・・・

たまに石川のご実家へ帰られるとぐっすり眠れるのに、大阪の寮に戻ると全く寝れない。

朝起きてもスッキリせず、首こり・肩こり・腰痛もひどくって。。。

 

という事をご両親にも相談されたところ、お父様が「自分に合うまくら作ったら?」というアドバイスを受け、まだまだ慣れない大阪で、うちの店を探し出し、ご来店いただけました。

 

硬すぎるってイメージでは「フローリングの上に直で寝るくらいに硬いんです?」とどれくらい硬いのかを問いかけると、「そこまでは無いけど、そこそこ硬い」と。

硬すぎるマットレスでは、腰の部分に隙間ができてうまく身体を休めることは出来ません。

 

寮の硬すぎるベッドの問題もあるのでしょうけど、ずっと静かな石川県で夜を過ごしてきたK様にとっては、大阪の夜はやかましすぎる部分もおありだろうし、単身での心細さもおありなんでしょうけど。。。

 

でも、そういうことは、これから社会に出る身としては、ある程度受け入れざるを得ない部分でもあります。

 

僕のじいちゃんが石川県の出身という事で縁を感じ、うちの娘たちとほぼ同級生ながら自分の目指すことのために一人暮らしをされているK様をとても応援したい気持ちでいっぱいになりました!

 

備え付けのベッドという事で買い替えたり難しい状況ですが、「硬すぎる」ものをパット的なもので少しでも体の隙間を埋めることはできるかもしれません。

バイトして、お金貯めたら、そのあたりの物にも「投資」していただきたいですね。

 

とりあえず今回は、「自分に合う高さのまくら」で出来ることも少なくないはずなので、しばらく様子を見ていただくことでご理解いただきました。

 

 

 

で、後日送っていただいたメッセージが。

とりあえずは、ちょっとでもマシになって良かったです!

 

 

 

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

クービック予約システムから予約する

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加