木枯らし1号

今日、大阪で「木枯らし一号」が吹いたんですって!

 

雨ばっかりの10月だったんで「秋」を感じることのないまま「冬」に突入なんでしょうか。

 

少し前までは、車に乗ってて、信号待ちや駐車する際も少しでも「日陰」を選んでたんですが、ここ数日前からは、出来るだけ「陽の当たる場所」を選ぶようになってます。

 

お陽さんが恋しいって感じです。

 

部屋にも暖房が必要となると、「結露対策」も必要になってきます。

 

我が家のマンションも、陽の当たる南向きの部屋がリビングで、玄関寄りの北側の部屋が娘たちの部屋になってるんですが、その部屋の窓の結露が酷くって。。。

換気には気を付けていても、部屋の内側の温度と外気温の温度差が大きくって結露してしまうんです。

結局は「結露」して濡れた部分をこまめに拭くことくらいしかできてませんが、、、。

 

うちの娘たちはあんまり「ウィルス」などにデリケートに反応しないのですが、インフルエンザ対策で加湿器を使われてる家庭もありますね。そういう家庭ではなおさら注意が必要です。

 

窓につく結露は目立つんですが、ベッドの床面や、お布団の裏側にも結露は起こります。

じめじめしていない時期でカビの心配なんかしませんよね。

ただ、部屋の環境次第によっては、たった数日でマットや布団にカビが発生したという事もあるようです。

布団を敷きっぱなしにしないとか、週に1回でもマットレスをずらしたり、立てかけたりするだけで充分だと思います。

また、押し入れに布団を直す際は、起きてすぐに押し入れに直すより、「掛ふとん」をめくっておいて余分な湿気を発散させてから直す方がいいようです。

 

ただ、年に数回、出張なんかでビジネスホテルに泊まったりすることがあるのですが、特に冬場は全館エアコンで温度コントロールされてるので、異常な乾燥を感じます。

そういう場合は、風呂に熱いお湯をためてドアを開けっぱなしにして、バスタオルを濡らしてベッドの周りにハンガーで掛けたりと「結露対策」より「乾燥対策」の方を重視します。

朝起きると、窓はえげつない結露が起こってますけどね。。。

 

 

 

 

 

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

クービック予約システムから予約する

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加