目を開けて寝る!

大阪市・オーダーメイド枕・ベッドマットレスの専門店「しあわせの枕やさん。みやぐち」のスタッフ宮口です。

 

面白カップル彼女H様が彼氏S様と一緒にご来店。

 

彼女H様は、去年の秋に誕生日のプレゼントとしてお父様に「オーダー枕」をお願いされ、現金で貰っておられたのがなかなか作るタイミングをなくし、現在に至ったようです。

ただ、今回はちょうど彼氏S様の誕生日という事で、彼女から彼氏へのプレゼントを兼ねてご来店いただきました。

 

彼氏S様は、彼自身は自覚はないものの、いびきが結構激しく(彼女談)、時々呼吸も止まってると。。。

また、腰痛に悩まされてるとの事でもありました。

彼女曰く、寝ている時に口も開いてるし、眼も開いてると(笑)。

口が開くのは鼻呼吸が上手くできていなかったり、枕の高さが合っていないことで起こる可能性がありますが、眼が開くのは・・・どうなんだか分かりませんねぇ。。。

 

あまり多くの人の寝顔を見ることはないのですが、そういえば、僕の知り合いにも寝てるときに眼を開けたままのが居てましたし、うちの娘も小さいときは眼が開いてました。

 

で、ちょっと調べてみると、原因は主に3つ。

① まぶたの大きさに対して、眼球が大きい。

② まぶたを上に引き上げる筋肉が緊張しっぱなし。

③ 加齢による目の周りの筋肉の衰えや、疲労による筋力低下。

 

ということです。

 

対処法としては、

① アイマスクや医療用テープを使う。

② 眼を強く開けたり閉じたりして筋力を鍛える

 

ということらしいです。

 

とくに、睡眠の質を下げるようなことでもなさそうなのですが、「ドライアイ」や「雑菌の侵入」というリスクはあります。

 

とにかく、眼科に相談を!ということでした。

 

で、枕のほうですが。

 

彼氏S様の方は、身体の左右のバランスが悪く、それが寝姿勢にも顕著に表れる状況でした。

横向きのときに、左肩を下にした場合はそうでもないのですが、右肩を下にする場合はほぼうつ伏せ状態になるまで身体を傾けてずらせて寝られるんですが、その姿勢でないと違和感があると。

骨盤のゆがみなどのリスクを説明させてもらうと、理解はしていただけるものの、身体がいうことを聴かないと。。。

ということで、とりあえず様子見として左右で高さの違う枕を作らせていただきました。

少し慣れたら、また、左右差をなくすように調整に来ていただきます。

 

彼女H様からの素敵な誕生日プレゼントに、ご満悦でした。

 

彼女H様の方は、首こり・肩こり・頭痛・腰痛に加え、冷え性でもあると。

寝つきも良くない上に、特に朝起きるときは、起きなければいけない時間になかなか起きれず、化粧などの時間もない遅刻ギリギリになってしまうと。

目覚まし時計と携帯のアラームを複数用意してても、起きたくても起きれないと。。。

体型を測定させていただくと、身体のラインのカーブのきつい「Wライン」

首こり・肩こり・頭痛くらいまでなら「高さの合ったまくら」で改善するかもしれませんが、「冷え性」や「寝起きの悪さ」はそれだけでの解決は難しいです。

今回は、お父様からのプレゼントという事でまくらをご購入いただき、そのほかの面はあらためてご検討いただきます。

 

彼女H様も、作らせていただく際に写真を撮られ、お父様に「今、枕作ってるよ!」という感じで報告されてました!

 

 

 


「春からはじめる GOOD SLEEP キャンペーン」開催中です。

期間は4月末まで。

その間にセミオーダータイプを含むマットレスをお買い上げいただきますと「お昼寝まくら」がもれなくついてきたり、抽選でダイソンのドライヤーが当たるかも?

 

春からの新年度・新生活を迎える方はもちろんですが、そうでない方もこの機会にどうぞ!

 

オーダーまくらはこちら

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

クービック予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加