野麦峠スキー場

大阪市のオーダーメイド枕・ベッドマットレスの快眠ショップ「しあわせの枕やさん。みやぐち」の宮口です。

走ることからは遠ざかってしまったものの、滑ることは年に1回だけですが、続いています。建国記念日の連休を利用して3日間店を店長に任せっきりで遊ばせてもらいました。行先は超マイナー(?)な野麦峠スキー場。今回は下の娘もついてきてくれました。

行きは大阪を22時出発、中津川経由で19号線を90分でAM3時頃到着。毎年行ってる宿の好意で部屋の鍵はフロントに置いていてくれるので軽く乾杯をしてからちゃんと布団を敷いて眠れます。僕は20才代の頃から付き合いのあるS君との2人部屋。彼は睡眠時無呼吸症候群 (SAS)でシーパップを装着して寝るんです。そのことについてはあらためて、書かせていただきます。

3時間ほど寝て、朝食は出ないのでコンビニで調達した朝ご飯を食べゲレンデに。

天気は「雪」上のリフト乗り場の温度計で「-6℃」。でも風が無く、比較的暖かい感じの野麦。

やはり寝不足のうえ、1年ぶりのスキーですぐに戦意喪失気味に。

一応ラストの16時まで滑って、宿に帰って温泉入って18時から夕食食べて、20時過ぎには寝てました!すると朝の3時頃目が覚めて...6時半ごろまではウトウトしながら時間の経過をひたすら待ってました。普段こういう事はほとんど無いんですが、「無意味に早く目覚めてしまう 」という辛さを痛感。やはり普段のリズムは大切です。

2日目は天気予報通り「晴れ」でも寒い!リフト乗り場の温度計は-12℃。でも幸い風はなく、日向では暖かさも感じます。この日は野麦峠スキー場もシーズン一番の来場者だったようで、普段はありえない「リフト待ち」が!といっても2分程で乗れるんですけどね。

僕は山の名前はよくわからないんですが、「乗鞍」と「御岳」が見えます。

今回参加の下の娘。6年ぶりくらいの「野麦」です。一応一番上まで行っても大丈夫ですし、非圧雪ゆりわりゲレンデも着いてこれます。今回はボードにもチャレンジしたい!と意気込んでの参戦です。天気も良かったのでビデオ撮影なんかもしました。

普段は僕のことを毛嫌いしてる娘も、「ペアリフト」は引っ付かないわけにいきません(笑)。

2日目もラストまで滑り、夕食後は撮ったビデオを見ながら反省会という飲み会をして、普段通りの24時頃就寝。この日は起きる時間の6時半まで起きることなくぐっすりと眠れました!

あっという間の最終日は、娘の初ボードに付き合います。とりあえず下のリフトから。リフトの乗り方も降り方もスキーとは勝手が違うのですが、何とかクリア。あまり恐怖心を感じないタイプなのか、こける事を恐れず滑っていきます。他にもボードを付き合ってくれる人も居たので、あと1本付き合って、僕は上に上がろうとしてたその2本目で、変なこけ方をして...「膝やってもうた!」と。何とか下まで滑って、レストハウスで確認。骨折とか大けがではなく、ひょっとしたら靭帯かも...というレベル。痛みはあるものの、自力で歩けるレベルです。娘も2日間の久しぶりのスキーで、すでに筋肉痛もあり、膝をねじったことによる痛みなのか、筋肉痛なのかも分らんと。

僕も15年ほど前にスキーで靭帯をやったことがありますが、時間の経過とともに痛みと腫れが大きくなった記憶があります。

ここは大事を取って、滑ることを諦め、パトロールで湿布をもらい、コーヒーショップで貰ったレジ袋に雪を詰めてひたすらアイシングすることに。痛めたのが最終日だったこと。ボードも少しだけでしたが滑れたの事で娘も納得。

最終日は昼で切り上げて帰路に就く予定ですが、それでも娘に付き合うのも時間がありすぎます。娘も「一人で居れるから滑って来てや。」との事で僕は娘を放置し昼まで目一杯滑らせてもらいました。

(今日の朝時点で、娘の膝はほとんど痛みが無い状態です。初期の手当てが良かったんでしょう!)

 

野麦の元気娘、りかちゃんに撮ってもらった今回のメンバーの写真。

帰りは京治バイパス方面が事故渋滞のため、名神吹田~近畿道経由で。王将で晩御飯を食べて解散!

来年も一緒に行きたい!という娘のリクエストにお応えして、来年も2月の連休には店長に店を任せっきりで休ませてもらう予定です。それまで、少なくとも年末までは、ほぼ無休で働かせていただきます!

 

 

 

 

 


【オーダーメイド枕】

その日のうちにお持ち帰りいただけます。

オーダーまくらはこちら

オーダーメイドマットレス

パラマウント電動ベッド・インタイム1000

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

RESERVA予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

その後「トーク」にてお問い合わせください。

友だち追加