快眠を得るために

質の良い睡眠

抱えたストレスを緩和し疲れた脳をしっかりと休ませ、次の日への活力を養いパフォーマンスを上げるためには「しっかりと眠ること」が大切です。その為にはリラックスした姿勢で眠ること欠かせません。部屋の照明や音などにも配慮しなければなりませんし、気持ちを穏やかでリラックスした状態になることも必要です。人間の1日のリズムを理解しながら自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを乱さないようにすることも大切です。また、布団に挟まれた環境(寝床内環境)を暑すぎず寒すぎず、ムレ感のない状態に保つことも大切なんです。


理想的な睡眠時間って?

日本人の平均睡眠時間は7時間50分だとか。世界で最も短い国の中の一つです。寝ようとしてもなかなか寝付けなかったり、夜中に途中で目が覚めてしまったり、無用に早く目が覚めてしまったりという方も少なくありません。仕事や家事のため仕方なしに起きないといけない、もっと寝ときたいのに・・・。だから休みの日には目一杯寝だめをしてるって方居ませんか?

24時間のなかで、自分の好きなこと・やりたいことのために犠牲になるのも睡眠時間ではないでしょうか?「慢性的な睡眠不足」を自覚する方も多く、睡眠不足が原因での事故・遅刻・などの経済損失は3兆円を超えるともいわれています。

睡眠時間は長ければ良いってものでもありませんが、少々短くっても「質の良い睡眠」を得られれば大きな問題は無いと思っています。「ちゃんと寝る」ことが出来ればですけどね。


体内時計と自律神経

一日のリズムを整え、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整えることも大切なこと。休みの日も出来るだけ決まった時間に起きて寝る。食事や入浴の時間も大きくずれないように。就寝前には、昼間に優位になる交感神経を、だんだんと副交感神経が優位になるようにリラックスできる環境が大切なんですが、仕事や家事で、なかなか簡単なことではありませんね。


寝床内環境(布団の中)

暑すぎず、寒すぎず、また、余分なムレ感のない環境を作るために、できるだけ化学繊維の素材の物を肌に触れることを避け、通気性に富み、保温力も持ち合わせ、発散性にも優れた素材選びも大切です。

夏場の冷感アイテムは多くが化学繊維であったり、冬場のもこもこのフリースも化学繊維であったりします。瞬間的には気持ち良いと感じる素材でも7~8時間の間、肌に触れているとどうなるんでしょうか。


理想的な寝姿勢のために

ベッド・枕に身体を合わせるのではなく、身体に合うベッド・マットレスをつくるということ

服にはS.M.L 靴には0.5㎝単位等でサイズがあります。眼鏡にも度数があったりします。サイズを無視して服や靴・眼鏡を買う方っていないですよね。では、ふとんはどうなんでしょうか。掛ふとんはまだしも、マットレスや枕という身体の凹凸を埋めたり、支えたりする役割の物を選ぶ際には慎重にならないといけません。当店ではお客様の身体を全身計測させていただくことで、そのうえ微妙なカスタマイズのできる枕とマットレスを扱っています。オーダーメイドであっても、体型の変化や経年劣化に対しても限界はあるものの対応できるものを扱っています。


オーダーメイドマットレス

オーダーメイドマットレス

西川リビング FIT LABO オーダーメイドマットレスは全身計測によりお客様の体型をデータ化し、その凹凸に合うように硬さの違うキューブを組み合わせて理想的な寝姿勢をキープできます。


ラテックスマットレス

ラテックスマットレス

ミルフィ・エレメント・ウッドスプリングとミルフィ・ラテックスマットレスの組み合わせは、板バネのベース部分がお客様の体型に合わせてカスタマイズ出来るので、素晴らしい体圧分散性能をもつラテックス(天然ゴム)と組み合わせることで、あらゆる体型の方にリラックスしてお休みいただけます。


オーダーメイド枕

オーダーメイドまくら

西川リビング FIT LABO オーダーメイド枕は縦横2方向の全身計測により、「仰向き寝」「横向き寝」のそれぞれの高さを作り出せます。