オーダーメイド枕を専門医も推奨する理由


整形外科医の立場から、まくらやマットの開発に携わる、FIT LABO(西川リビング)のアドバイザー

 

 

なぜ、正常立位姿勢を保つことが大切なのかを、山内先生にお聞きしました。

 

なぜ、正しく立った姿勢が理想的なのですか?

 

人間の立ったときの姿勢は、脊椎(せきつい)が軽いS字を描いています。その状態が、もっとも身体に負担を与えないバランスの良い姿勢なのです。

たとえば、猫背になったり、首が前に出ると肩から背中の部分が引っ張られて、肩こりになります。さらに猫背姿勢で首のカーブがくずれると、それを補正しようとする腰椎部分に負担がかかります。

また、腰のアライメントが崩れると、その乱れを調整する首(けいつい部分)に負担がかかるといった具合に、不良姿勢は身体全体のバランスを崩して痛みの悪循環を引き起こしてしまうのです。

 

正しい寝姿勢を保つためには、どのような寝具が必要ですか?

 

まくらに関しては、正常立位姿勢を寝た状態のまま保持できるくらいに高さ。そして、そのままの姿勢で寝返りがスムーズに打てる高さが必要です。

敷き寝具も同様に、正常立位姿勢を保持できて、寝返りが打ちやすいこと。寝返りが打ちにくい敷き寝具で寝ていると、睡眠中は同じ姿勢で寝ているので筋肉中の血流が滞って、それが腰痛につながります。

 

正常立位姿勢を保持したままで寝姿勢をつくろうとすると、自分の身体に合った寝具が理想的です。

肩こりや腰痛の改善になると同時に、身体の緊張がとれることでリラックスして、心地よい眠りを得ることができると私は考えます。

 

 

 

 

 

 


身体に合わせた敷寝具を用いて、正しい寝姿勢で眠ると、前日の疲労を回復することに加え、翌日の抗疲労効果が高い(疲れにくい)ことが確認できました。

 

ちょっと難しいことが書かれていますが、そのデータご覧ください。⇒⇒⇒

 

 


身体に合わせた敷寝具を用いて、正しい寝姿勢で眠ると、睡眠の質が改善されることが確認されました。

 

ちょっと難しい事が書いていますが、そのデータご覧ください。⇒⇒⇒