うつ伏せ寝は止めてちょうだい!

うちの長女と同じ年の彼女さんOさんから、彼氏さんOさんへのプレゼントに当店のオーダーメイド枕を選んでいただきました。

 

うちの長女(20歳)には、彼氏がいるんでしょうか?

また、オーダーメイド枕のような気の利いたプレゼントができるんでしょうか?

というのは、さておき・・・

 

その彼氏Oさん。

 

小さいころからサッカーをし、自分自身で将来はプロサッカー選手になることを、疑わなかったようです。

 

現在、彼女さんと同じくフットサルのサークルに入り、某大学の大学院生の彼ですが、やはり体幹も良かったです。

 

ただ、いろいろお尋ねしてると、「朝起きるときは、いつもうつ伏せで」目が覚めるとのこと。

 

仰向き・横向き・うつ伏せ。

 

一時的なものは別として、最悪の寝姿勢が「うつ伏せ」です。

 

肺は押しつぶされ、大きな呼吸が出来るはずがありません。。。

 

でも、体型を測定させていただくと、背中・腰・お尻の出っ張りとへこみのカーブの大きなWライン体型のOさんは、仰向きではブリッジしたような状態のため、仕方なく横向きへ、が、横向きも肩・腰骨が痛いため、仕方なく無意識のうちに「うつ伏せ」状態になっておられるようです。

 

枕を作らせていただいても、仰向けも、横向けも「ピン」とこられないOさんでした。

 

試し寝していただく際も、「うつ伏せ寝」の状態で枕の高さを確かめる次第でした。。。

 

が、色々お話させていただき、「仰向け」や「呼吸」の重要性をご理解いただけたOさん。

 

「頑張って、仰向きで寝てみますわ!」との事でした。

 

少し、慣れるまで時間はかかるかもしれませんが、、、。

 

小さいころから、ずっとトップレベルで体を動かされてたようで、まだ、20歳代前半ということもあり、筋力もさほど低下していないようです。

うつ伏せという、変な寝姿勢にも、筋力があるため、そんなに不都合が起こらなかったのかもしれません。

 

が、残念ながら、ピークは過ぎていますので、バリバリと働かなければならない将来の為にも、良い寝姿勢でグッスリとお休みください。