睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性

睡眠時無呼吸症候群

40代男性T様。

 

奥様と一緒にご来店いただきました。

 

最初のカウンセリングの際に、ご主人の方は自覚は全くないものの、奥様の方から「いびきがひどく、呼吸も止まっていることがある」と。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがあるとのことでした。

 

で、ご主人を心配され、とりいあえず、「高さのあった枕」を探して当店へご来店いただけたようでした。

 

当店は医師ではないので、安易な判断は出来ませんが。

 

事務仕事も多く、また、車で外回りをされることもあるT様。

 

幸い「昼間の強い眠気」というのはあまり感じられず、「眠たなったら寝るし!」と適当に昼寝を活用されておられるようでした。

 

T様は物心ついてから「高くて、硬いそば枕」の愛好家でした。

 

 

高すぎる枕

高すぎる枕の影響として、

頚椎が不自然な形状になり、首コリ・肩こりの原因になることや、気道が圧迫されていびきの原因にもなるともいわれています。

一般的には、それまでの枕との高さの違いに慣れるまで少し時間はかかるかもしれませんが、T様は試し寝の段階でも、とくに違和感を感じられてなかったので、「あえて少し高めにまくらを作る」ということをせず、理想的な高さで「オーダー枕」をお渡しさせていただきました。

 

幸い、T様の職場が当店と近いので、今までの高い枕との違和感を感じられたら、持ってきてください!と、お伝えしまし、お帰りになられました。

 

で、翌日に奥様から届いたLINEのメッセージ。

 

とりあえず、「違和感」を感じられず、お休みいただけたようですし、「息もしやすそう」とのことで、当店の方も嬉しく感じました!

 

 

 

 

LINE始めました。

友だち追加で「お友達特典限定プレゼント」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加