「うつ伏せ」ばっかりで寝てる!

大阪市・オーダーメイド枕・ベッドマットレスの専門店「しあわせの枕やさん。みやぐち」のスタッフ宮口です。

 

先日ご予約いただいておりましたS様、ご主人30才代・奥様20才代という若いお二人が奈良からご来店いただきました。

というのも、奥様のご実家がうちのお店のご近所で自転車に乗ってご来店いただきました。

 

とくにご主人の方はいびきも激しく、いつもうつ伏せで寝ておられると。

そのうつ伏せ姿勢も膝から足先までを曲げて立てた状態で寝ておられるという曲芸のような(笑)寝方だと。冬場は掛ふとんがあるのでそうはならないようですが、夏場はうつ伏せ+膝から下の足を上げた状態とか。きっとあまり良いことではないのかなぁ。。。と、奥様談。

 

画像検索しましたが、↓のような感じで膝を起こして寝ておられるようです。

 

ご主人自体は、うつ伏せで寝ること自体に特に問題は無いという認識でした。膝から下を上げるのも太ももにあたる感じが気持ち悪いとのことでした。さすがに朝起きたときに身体の下敷きになった腕が痺れて仕方ないことはあるという事でした。

 

寝ている間に、肺で取り込んだ酸素は、血流にのって体の隅々まで行き渡ります。

脳にもたっぷりの酸素を送り込む事によってホルモンが分泌され、しっかりと「脳」の休息が可能になります。

それが「うつ伏せ」だと、酸素を取り込む量は減ってしまいますし、肺もへちゃげてしまいます。

 

ご主人は体格も良く、お選びになられたのはワイドサイズのオーダーメイド枕。

ただ、出来上がった枕の高さを見て「低っ!」と。

男性の方に多い第一印象なのですが、、、。

それまでにされてた枕は、市販のものにぬいぐるみなどを乗せられて高さを増して使っておられたようで、それだと首が折れ曲がった状態になり喉がつまり呼吸もしにくい状態になってしまいます。

寝入るまでは良くっても、そんな高すぎるまくらではとても仰向きでは寝れず、うつ伏せになって枕を抱きかかえて寝ておられるという風に推測できます。

そんなに違和感があるのに、男性って高い高い枕を好む傾向があるようです。

 

そのあたりの原理を説明させていただくとご理解はしていただけましたが、今までの慣習との違う低い枕への違和感が無くなるまでに若干時間がかかる場合もございます。ということもきっちりご理解いただきお買い上げいただきました。

 

幸い奥様のご実家とも近いので、しっくりくるまで時間はかかるかもしれませんが、調整を重ねることで違和感も無くなり、仰向きで寝れるようになるかもしれません!

 

 


オーダーまくらはこちら

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

クービック予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加