タオルを丸めたまくら

タオルを丸めた枕

大阪市のオーダーメイド枕・ベッドマットレスの快眠ショップ「しあわせの枕やさん。みやぐち」の宮口です。

某南米の国から来られた彼氏さんと一緒にお見えになったH様。ストレートネックであり、首こり・肩こりに悩まされておられます。彼氏さんは現在日本語の特訓中で、片言の日本語は喋れるし、ご自身の名前もカタカナで書けるほど。

枕を作られるのは彼女さんのH様なので、とくに彼氏さんには喋っていただく必要は無いんですが、ついつい興味本位でいろんなことを質問したくなってしまいます(笑)。公用語はスペイン語らしく、H様がスペイン語と日本語で通訳してくれます。いくらでも喋っていたいんですが、そういうわけにもいかず...

 

H様は、いろんな枕を試されたのですが...現在はタオルを巻いて首(頸椎部分)だけに「まくら」の代わりに使われているそうです。「合わない枕」を使うくらいなら、「枕無し」の方が楽!という方も少なくありません。某枕外来の先生がテレビでタオルで枕を...的なことをおっしゃるので、そういった事をされる方もいらっしゃるようです。H様は、↑の画像のように丸めて頸椎部分だけを支えておられるようでした。これだと、どうしても後頭部部分が下がり、顎が上がった状態になるんです。血が頭に上ったような感じでしょうか。おまけに横向きになったりしたら、圧倒的に高さも大きさも足りません。きっと腕やらで高さを確保しておられるのでしょう。そして、手や腕が痺れて...という。

また、H様の体型を測定し、体圧測定器で、普段の寝姿勢における身体の圧の多くかかってる所や、隙間を診断もさせていただくのですが、仰向きの寝姿勢で腰の部分に大きな隙間のある「Wライン」体型の方なのですが、横向きになっても腰の部分に大きな隙間の出来る方でした。こういう体型をされてる方は、仰向きでも横向きでも辛くって、うつ伏せでしか眠れない。という方が多いのですが、H様に関しては、「うつ伏せ寝」は無い!と。彼氏さんも証言。きっとまだお若く、筋力がそれをカバーしているのでしょうか?

 

H様に合う高さピッタリの枕を作らせていただき、お支払いの時に。ちょうど誕生日が近いH様へのプレゼントなんでしょうか。彼氏さんがクレジットカードを出して、お支払いを済ませていただきました。

 

 

 

 


オーダーまくらはこちら

オーダーメイドマットレス

パラマウント電動ベッド・インタイム1000

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

RESERVA予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

友だち追加