首が痛くって夜中に目が覚める

首が痛くって夜中に目が覚める

大阪市のオーダーメイド枕・ベッドマットレスの快眠ショップ「しあわせの枕やさん。みやぐち」の宮口です。

6年前に出産されてから、劇的に体質が変わり、どんな枕をしても首・肩が痛み、頭痛も酷く、その痛みで中途覚醒もあるという女性M様。夜中に目が覚めるほどの痛みがあるわけですから、朝起きてもその痛みは酷く、すぐに「鎮痛剤」を服用して一日がスタートする。という生活を送られています。仕事もフルタイムでこなされ、家事に育児にと忙しい日々をおくられ、ご自身のことは後回し。やっとの思いで、当店に来ていただけたようです。

楽天サイトやアイリスオーヤマ、アマゾンなんかで「良い」感じの枕を何個かポチっとされたこともあるのですが、すぐに使うのをやめてしまい、現在は、クッション、毛布、タオルを適当に丸めたり、重ねたりして「枕の代わり」にしておられます。夜中に「痛み」で目が覚めるほどのことですから、かなりの重症なのでしょう。

「まくら」の高さは同じでも、中材によっては「圧」を大きく感じられる場合もあります。M様はそのあたりも敏感で、最も柔らかい素材の「つぶ綿」をお勧めしました。この素材は柔らかいので、どうしても「ヘタリ」が起こりやすい素材なのですが、少しお手間をかけてあげると「復活」できる素材でもあります。

M様の体型を測定し、そのデータをもとに「まくらの高さ」を決めていきます。それを試し寝していただくのですが、そもそも「まくら」の存在すら違和感と感じられます。

「枕」とは、頭を乗せるものではなく、頸椎を受けとめるものなのですが、頸椎部分を支えられることすら「違和感」を感じられます。

「まくら」そのものに慣れていただくのに少しお時間はかかるかもしれません。また、「痛み」というのは簡単には無くならないかと思いますが、少しずつでも、痛みが軽減でき、朝までしっかり眠っていただけることができるようになれば!という想いで「まくら」を作らせていただきました。そのあたりはM様もご理解いただき、とくにこまめに「高さ調整」にお越しいただけるようにお願いします。

 

今回ママと一緒についてきてくれたS君。ママが枕を作る間は退屈でしたが、DSの星のカービーを、僕に一生懸命説明してくれました。いつもママと同じベッドで寝てるようですが、「今日からは、ママのまくらを取らんようにするわ!」とちゃんと理解してくれてました!

 

 


【オーダーメイド枕】

その日のうちにお持ち帰りいただけます。

オーダーまくらはこちら

オーダーメイドマットレス

パラマウント電動ベッド・インタイム1000

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

RESERVA予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

その後「トーク」にてお問い合わせください。

友だち追加