脚の開き方が違う

安定の悪いマットレスでは脚が開いてしまう

大阪市のオーダーメイド枕・ベッドマットレスの快眠ショップ「しあわせの枕やさん。みやぐち」の宮口です。

横向きで寝た際の寝姿勢画像です。

マットレスが安定すると綺麗な寝姿勢

一目で違いは分かりにくいと思いますが、下の画像は足が揃って重なっていますが、上の画像は足をずらして安定さそうとしています。

何気なしに横を向いていただくと、足をずらす方が少なくありません。それは、日常的な癖なようなものかもしれません。

それが、ご自身に合うマットレスなら、そこそこ足を延ばして、両方の足を揃えても安定するんです。なかなか寝ている時に意識するのは難しいかもしれませんが、安定のため「足をずらす」ことは、骨盤のゆがみにもつながるリスクが大きくなります。

また、別の方の画像です。

脚を開いて安定を求める
脚を重ねても寝姿勢が安定するマットレス

足をずらし、その上、高さの合わない枕だと肩もずらして寝ておられる方が多いと思います。そうすれば肩の負担も大きくなり、可動域が狭くなる可能性も高くなってしまいます。また、抱きかかえるような寝姿勢のまま、にうつ伏せ まで進んでしまう方もいらっしゃるんでしょうか。

基本的には「仰向き」の寝姿勢をお勧めしていますが、それでも一時的にでも一晩に20回以上は寝返りをしますので、一時的ではあっても、出来るだけ足を延ばして、重ねて寝ていただく方が血流も悪くなりにくく、何よりも身体のねじれが少なくて済みます。

そのような寝姿勢をキープできるのが、ご自身の身体のカーブに合わせたオーダーメイドマットレス です。

そのあたりの「寝方」のくせもあるかと思います。猫が寝るときのように丸くなって寝る方が少なくありません。が、出来るだけまっすぐに寝ていただくことで、血流も良くなり、身体のねじれも少なくなります。とくに事務仕事の方などは日中のお仕事中などに首への負担が大きくなってしまうのですが、本来休息であるはずの寝ている間にも、首(頸椎)を酷使しておられる方も少なくありません。そのあたりのちょっとした意識などもお伝えしています。が、あんまり考えすぎては、寝れなくなってしまいます。

「横向き」の際も、身体を極力ねじらずに、出来るだけ身体に負担の少ない寝姿勢がキープできる「マットレス」です。

5年後、10年後のご自身のお身体への投資としてお考えいただけたら!と思っています。

 

 


【オーダーメイド枕】

その日のうちにお持ち帰りいただけます。

その日のうちにお持ち帰りできる「オーダー枕」

「マットレス選び」オーダーメイドマットレス

パラマウント電動ベッド・インタイム1000

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

RESERVA予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

その後「トーク」にてお問い合わせください。

友だち追加