オーダー枕を作るのに全身計測する理由

全身計測するわけは

大阪市のオーダーメイド枕・ベッドマットレスの快眠ショップ「しあわせの枕やさん。みやぐち」の宮口です。

一般的なオーダー枕を作る際に使う測定器は、こんなかんじなのでしょうか。

後頭部の出っ張り具合(絶壁かそうでないか)、頸椎のカーブが緩いかキツイか、これで枕を作ることは出来ます。

当店で扱う特許取得の立位測定器は、赤色のラインをなぞり、縦横2方向から測定し、そのデータを解析します。これによって仰向きでも横向きでも自然な寝姿勢を維持できる高さの枕を作ることが出来ます。

下の3つの人形。頭~頸椎のカーブは同じなんですが、違う所があるんですが分かります?背中とお尻の出っ張りのバランスなんですが、お尻よりも背中が出っ張った人。背中もお尻も出っ張った人。背中よりお尻が出っ張った人。です。

お尻よりも背中が出っ張った人
背中もお尻も出っ張った人
背中よりお尻が出っ張った人

頸椎のカーブが同じでも、背中やお尻の出っ張りの違いによっても、枕の高さは変わってくるんですよ!

お尻より背中の出っ張りの方が大きい人。一般的に高めの枕が必要になります。


背中もお尻の出っ張った人。


背中よりお尻の方が出っ張った人。一般的に低めの枕が必要です。このタイプの方は脚が浮いた状態になっていますが実際は重力があるので、足は床に着くのですが、「エビぞり」にような状態になり非常に窮屈でリラックスとは程遠い寝姿勢になってしまいます。


おわかりでしょうか?これが枕を作るのにも、全身計測が必要な理由です。

また、全身計測することによって、その方の頸椎周辺だけでなく、背中のでっぱり~腰のくびれ~お尻の出っ張り~というカーブの大きさもデータ解析し、その方に合わせたマットレスのご提案も同時に出来てしまうんです。

大キューブ
大キューブ
中キューブ
中キューブ
小キューブ
小キューブ
肩キューブ
肩キューブ

「大」「中」「小」という硬さ(柔らかさ)の違うキューブに加え、「肩キューブ」で、仰向きの際の肩甲骨部分・横向きの際の肩の出っ張りを優しく沈み込ませることによって、理想的な寝姿勢をキープできます。その組み合わせは13000通りから、その方にピッタリの配列を提案させていただきます。

もちろんPCが出す結果だけを鵜呑みにせず、お客様の生活環境やお悩み、現在の状況などを加味しアナログな調整を組み合わせて理想的な寝姿勢に近づけることが可能になるんです。


【オーダーメイド枕】

その日のうちにお持ち帰りいただけます。

その日のうちにお持ち帰りできる「オーダー枕」

「マットレス選び」オーダーメイドマットレス

パラマウント電動ベッド・インタイム1000

ご予約・空き状況はこちらで確認ができます。

お気軽にご予約ください。

RESERVA予約システムから予約する

☎ 06-6752-9525

LINE始めました。

友だち追加で「お友達限定特典」もご用意しています。

LINEでの各種お問い合わせ・ご予約もお待ちしています。

すぐ下の「友だち追加」ボタンを押せば「LINE友だち追加」画面に飛びます。

その後「トーク」にてお問い合わせください。

友だち追加